糖尿病とは?

糖尿病とは?

糖尿病はT型糖尿病とU型糖尿病があり、よく言われる糖尿病というのは生活習慣病の一つであるU型糖尿病のことです。

 

人間の体は食事を摂って血糖が上がると、インスリンが分泌されてちょうどいい値にコントロールされるしくみになっています。

 

糖尿病はこのインスリンが分泌されないインスリン分泌障害と、インスリンが効きにくくなるインスリン抵抗性によって慢性の高血糖状態となる病気です。

 

糖尿病は、高血糖の状態が長く続くことで全身の血管を侵します。そして腎障害を始めとした様々な合併症を引き起こします。

 

糖尿病を診断する基準は、血糖値とHbA1cです。食事に関係なく測定した血糖値が200mg/dl、早朝空腹時に測定した血糖値が126mg/dlあれば糖尿病と診断されます。ただし血糖値は1日の中でも変動が大きいため、原則としては2回以上日を変えて測定しなくてはなりません。

 

HbA1cは食事の影響を受けずに過去2か月の血糖コントロールの状態を反映しますので、6.5%を超えるとその時点で糖尿病が確定されます。

 

このですがHbA1c、今までは日本だけの基準であるJDS値で示されていましたが、海外と足並みを合わせてNGSP値を採用するようになりました。JDS値よりもNGSP値の方が0.4%高いため、健康診断で急に上がったと思ったらどちらを採用されたものか確認しましょう。

 

U型糖尿病は進行が緩やかで、発症しても長期間自覚症状が出ません。健康診断を受けて糖尿病を指摘されても、症状がありませんのでビジネスパーソンは特に医療機関を受診せずに放置してしまいます。

 

そのまま放置し続けて自覚症状が現れる頃には、既に合併症が存在していたり、合併症が重症化していることがあります。このために、糖尿病は高血圧と同様に「サイレントキラー」と呼ばれるのです。

 

せっかく健康診断を受けるのなら、要受診の結果が出たらすぐに受診しましょう。腎障害が進んで、もう透析導入しなければならないというラインでは遅いのです。

 

会社員であれば、たいてい1年に1回健康診断を受けます。ですが、健康診断のない方は人間ドックを受けることをお勧めします。

 

糖尿病に限らず、病気の早期発見というのは検査で引っかかる程度のラインです。自覚症状が出てからでは遅いことが多いのです。

 

人間ドックは自己負担ですからお金がかかります。ですが、早期発見のためには必要な出費と考えましょう。

 

病気は糖尿病だけではありませんから、健康診断なり人間ドックで全身を検査することが必要です。けれどもどうしても血糖だけを知りたいというなら、自分で血糖測定器を購入して定期的に測定するという方法があります。

 

血糖測定器は病院で採用されているものと同機種が、ネット通販でも購入できます。といっても、自己負担で血糖を測定するのはお金がかかります。

 

そして、血糖を測定した結果を判断するのは医師でなくてはなりません。血糖値が気になるのであれば自己判断せずに、病院を受診しましょう。

 

糖尿病は早期に受診すれば、診断されてからインスリン導入に至るまでの期間を延ばすことができます。コントロールが良好であれば、内服薬だけで合併症を起こさずに管理することも可能です。 

 

まずは病院を受診し、どの程度自分は血糖が高くて何をしなければいけないか指導を受けましょう。自己判断の食事療法や運動療法は、逆効果のこともあります

 

 

健診結果をほったらかしにしているそこのあなた!後悔することのないよう、すぐに医療機関を受診しましょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ