血糖値と眠気

食後の眠気は、低血糖が原因!

血糖値と眠気は、密接な関係があることをご存知でしょうか?急激な血糖値の上昇だけでなく、下降することでも眠気を誘うのです。

 

食後の眠気が問題になるのは、昼食後でしょう。昼食は朝食が少ない分、おなか一杯に食べることが多いですね。その後眠気が襲ってきて、午後の仕事がはかどらない…という人もいるでしょう。

 

これは、昼食でたくさんの糖質を摂ったことで体が「異常事態」と反応することで起こります。人間は血糖値を一定に保とうとする恒常性を持っています。

 

これは意識してできるものではありません。高血糖になった体に反応した身体は、インスリンを大量に分泌して血糖を下げようとします。

 

そして今度は下げ過ぎてしまい、低血糖になってしまうのです。

 

体は低血糖になっても上手に対応しようとします。少ない糖分を生命維持に必要不可欠な場所から優先的に使おうとするので、後回しにされた意識レベルが下がって、眠気が起こってしまうのです。

 

これは低血糖症と言われ、自覚していないものの日常生活に支障をきたしている人が大勢いるのです。

 

食後の高血糖を起こすのは、たくさん食べるせいだけではありません。食べた内容にもよるのです。糖質を多く含む食事を摂ると、急に血糖が上がってしまいます。

 

糖質が多い食事というのは甘いケーキやお菓子、飲み物だけではありません。炭水化物そのものが糖分を多く含むものなのです。

 

精製された白米や麺類をたくさん食べると血糖値が急激に上がってしまいます。昼食は仕事をしていると外で済ませたり、お弁当を食べたりすることが多いですね。

 

その時に丼もの1点等や、バランスが悪いと急激な高血糖を起こし、体の過剰反応によって低血糖状態になってしまうのです。

 

血糖は高すぎても低すぎても困ります。毎日規則正しい生活を送り、食事は3食バランスの良いものを摂るように心がけましょう。

 

生活リズムの崩れている人は、大抵食事のバランスも崩れています。食後の眠気に悩まされていたら、まずは食事内容と生活習慣を見直してみましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ