血糖値を下げる食品

血糖値を下げる食品

血糖値は日々の食事や運動といった生活習慣で、少しずつ上がっていきます。無症状であることが多いため、本人は気づきません。

 

逆に血糖値を下げたいのであれば、効果は実感しにくくても今の生活習慣を整えなくてはいけません。

 

安易に「薬で血糖値下げればいいや」と思っていませんか?

 

そこで、血糖を下げる食生活を送るためのヒントをいくつかご紹介しましょう。無理のない範囲で、自分の生活に取り入れてください。

 

現代の食事は、普通に食べているだけでも高血糖を起こしやすくなっています。それは、昔と違ってエネルギーのもととなる炭水化物が白米や小麦だからです。これらは非常に消化しやすく、体に入るとすぐにブドウ糖となって吸収されます。

 

一方で、昔の主食であった玄米やアワ・ヒエというのは良く噛まないと飲み込みにくく、良く噛むことで満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防いでくれます。味的にも、白米のようにご飯だけたくさん食べるというのはできませんね。

 

今食べている炭水化物に雑穀、全粒粉を足してみましょう。最近では炊飯器に入れるだけの、1回使い切りパックになっているものもあります。

 

全てを玄米というのは現実的ではありませんが、少し合わせてみるくらいなら家族も同じものを食べられます。

 

他にもうまく取り入れたいのが食物繊維。食物繊維は消化しにくく、食後高血糖を抑えることができます。オクラのネバネバ成分はムチンやペクチンなどの食物繊維の一種です。 

 

オクラはそのまま食べたり冷奴や納豆にトッピングしたり、味噌汁に適宜加えたりと、手軽においしくいただくことができるのでおすすめです。

 

また、バナナは食物繊維だけでなく、ビタミン・ミネラルも豊富に含んでいます。価格も比較的安価に手にいれられますし、どうしても朝は時間がないと言う人でもさっと皮をむいて朝食代わりに摂取できますね。

 

毎日毎日オクラやバナナがいいというわけではありません。お肉も野菜も魚もバランス良くとることが基本。それに加えて少しこれらの食材を意識的に加えてみてはいかがでしょうか?

 

また、食べる順番も工夫してみましょう。どうしてもお腹がすいていると主食とおかずをガツガツ食べてしまいがち。そこであえて汁物・サラダから先に食べてしまいましょう。
サラダは面倒という場合は、汁物にできるだけ野菜をたくさん入れておきましょう。野菜・汁物から食べることでお腹が満たされてきますから、主食の量を抑えることができます。

 

料理は苦手という方も、手軽に摂取できる食材はいろいろありますので、ぜひ毎回の食事に、気軽に取り入れてみましょう。

 

また、会社の定食や外食の多い人も、同じメニューでも食べ方だけでも意識してみましょう。何もしないよりも効果はあります。

 

血糖値は一朝一夕に改善するものではありませんが、1年続ければ次の健康診断では結果が出ているでしょう。

 

次からは、実際に血糖値を下げる食品について詳しく述べていきます。

血糖値を下げる食品関連ページ

血糖値を下げる食品@【玉ねぎ】
血糖値を下げる食品@【玉ねぎ】について解説します。
血糖値を下げる食品A 菊芋(キクイモ)
血糖値を下げる食品A 菊芋(キクイモ)について解説します。
血糖値を下げる食品B モロヘイヤ
血糖値を下げる食品B モロヘイヤについて解説します。
血糖値を下げる食品C「ヤーコン」
血糖値を下げる食品C「ヤーコン」について解説します。
血糖値を下げる食品D こんにゃく(蒟蒻)
血糖値を下げる食品D こんにゃく(蒟蒻)について解説します。
血糖値を下げる食品E ローヤルゼリー
血糖値を下げる食品E ローヤルゼリーについて解説します。
血糖値を下げる食品F「きのこ」
血糖値を下げる食品F「きのこ」について解説します。
血糖値を下げる食品G 冬瓜(とうがん)
血糖値を下げる食品G 冬瓜(とうがん)について解説します。
血糖値を下げる食品H 酒粕
血糖値を下げる食品H 酒粕について解説します。
血糖値を下げる食品I「バナナ」
血糖値を下げる食品I「バナナ」について解説します。
血糖値を下げる食品J 酢
血糖値を下げる食品J 酢について解説します。
血糖値を下げる食品K「キウイフルーツ」
血糖値を下げる食品K「キウイフルーツ」について解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ