血糖値を下げる食品

血糖値を下げる食品K「キウイフルーツ」

オーストラリアからやってきたフルーツ、キウイフルーツはその独特の形と、甘酸っぱい味で大人気のフルーツ。最近ではキウイフルーツを家庭菜園で育てている方も多く、比較的簡単に育てることのできる果実です。

 

キウイフルーツにはビタミン類やミネラルが豊富に含まれていて、以前より美容に効く果物としてされていましたが、健康維持にも効果のある成分が含まれていることはあまり知られていないのではないでしょうか。

 

キウイフルーツは若返りの秘薬?

 

リンゴは皮をむいて時間が経つと、赤こげた色に変色しますよね?これは表面が酸化してしまうから。人間の身体も年齢を重ねるとともに同じようなことがおこってきます。

 

その酸化の原因となるのが「過酸素脂質」という物質で、糖尿病をはじめとする生活習慣病を誘発させる危険物質でもあります。

 

そこで、過酸素脂質の生成を防ぎ、身体の酸化を予防する栄養素がビタミンCとビタミンEのふたつのビタミンです。

 

ビタミンCにはビタミンEの消費を最小限にとどめたり、一度摂取したビタミンEの力を回復させる能力を持っています。そのためビタミンCとビタミンEはセットで摂ることが効果的なのです。

 

その点、キウイフルーツはビタミンCもEも豊富、もうひとつの抗酸化物質であるポリフェノールも含まれているので、最高の生活習慣病予防食品といえるでしょう。

 

★キウイフルーツの血糖値抑制効果

 

キウイフルーツには抗酸化作用による糖尿病予防だけでなく、直接血糖にアプローチし、血糖値の上昇を抑える効果もあります。

 

その血糖値抑制効果をもつのが「食物繊維」です。食物繊維は不溶性と水溶性のふたつの種類に分かれていますが、キウイフルーツにはそのどちらも含む特別な果実なのです。

 

不溶性食物繊維はさまざまな形をし、水を含むと膨れるスポンジのような性質を持っていて、便の水分量や容量が増え、腸の動きを活発にします。また、腸内に長く留まるので消化、吸収を遅らせ、血糖値への影響もゆるやかにさせます。

 

水溶性食物繊維はネバネバとしたガムのような性質を持っていて、腸内のコレステロールを吸着し、糖や脂肪の吸収も抑えてくれる働きを持っています。

 

このふたつの働きをあわせもつのがキウイフルーツの血糖値効果の正体なのです。

 

★キウイフルーツで身体の内側からアンチエイジング

 

血糖値の上昇は、糖尿病だけでなく、動脈硬化などの身体の劣化をスピードアップさせてしまいます。

 

キウイフルーツには抗酸化作用、血糖値抑制作用などの健康効果がある事から、毎日の食事のデザートにも最適です。

 

動画でもキウイフルーツのレシピを説明したのでご覧ください

 

 

高い化粧品を買うよりも、身体の内からアンチエイジングを心がけてみてはいかがでしょうか?

血糖値を下げる食品K「キウイフルーツ」関連ページ

血糖値を下げる食品
血糖値を下げる食品について解説します。
血糖値を下げる食品@【玉ねぎ】
血糖値を下げる食品@【玉ねぎ】について解説します。
血糖値を下げる食品A 菊芋(キクイモ)
血糖値を下げる食品A 菊芋(キクイモ)について解説します。
血糖値を下げる食品B モロヘイヤ
血糖値を下げる食品B モロヘイヤについて解説します。
血糖値を下げる食品C「ヤーコン」
血糖値を下げる食品C「ヤーコン」について解説します。
血糖値を下げる食品D こんにゃく(蒟蒻)
血糖値を下げる食品D こんにゃく(蒟蒻)について解説します。
血糖値を下げる食品E ローヤルゼリー
血糖値を下げる食品E ローヤルゼリーについて解説します。
血糖値を下げる食品F「きのこ」
血糖値を下げる食品F「きのこ」について解説します。
血糖値を下げる食品G 冬瓜(とうがん)
血糖値を下げる食品G 冬瓜(とうがん)について解説します。
血糖値を下げる食品H 酒粕
血糖値を下げる食品H 酒粕について解説します。
血糖値を下げる食品I「バナナ」
血糖値を下げる食品I「バナナ」について解説します。
血糖値を下げる食品J 酢
血糖値を下げる食品J 酢について解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ