薬で下げる

薬は、効果が期待出来る?

血糖値を下げる方法としては、運動・食生活の改善が基本です。ですが、これらはすぐに下げられるものではなく、むしろ糖尿病にならないようにするものです。

 

または、糖尿病を悪化させないようにするものです。「最近運動始めたから、いつか良くなるでしょ」なんて悠長なことを言っていると、その間に全身の血管や神経が障害され、糖尿病による合併症を引き起こしてしまいます。

 

ですから、運動・食生活の改善に取り組みつつも、行き過ぎた高血糖に治療介入する必要があります。

 

血糖を下げる治療は、内服薬とインスリンです。内服薬は一言で「糖尿病の薬」ととらえがちで、全てが血糖値そのものを下げるものだと思っている方が多いでしょう。
内服薬には、作用機序から次のような分類がされます。

 

・インスリンをたくさん分泌させ、血糖値を下げる
・腸管からの糖分の吸収を阻害させ、血糖を上げにくくする
・インスリンに抵抗性を示す物質を抑制する
・多彩な機序により、インスリンの作用を効率的に増強させる

 

「薬で血糖値が下がるなら、苦しい運動や食事療法なんてしたくない」と思うでしょう。けれど、これらの薬に頼っていることで安心して生活を改善しないと、いずれはインスリン導入になってしまいます。

 

薬でインスリンをたくさん分泌させるということは、ずっとムチを打って走り続ける馬のようなものです。いずれインスリンを分泌する膵臓は疲れ果ててしまい、インスリンを分泌できなくなってしまいます。

 

そうなると、インスリン療法になり、厳重な血糖コントロールが必要になります。職場でもインスリンを打ったり、低血糖に対処しなくてはならないのです。

 

薬があるからいいのではなく、薬に頼る前になんとかすべきです。そのために健康診断には必ず血糖値やHbA1Cが含まれているのです。結果を活かさないのであれば、調べる意味はありませんね。

 

糖尿病は全身の血管をボロボロにし、脳梗塞や心筋梗塞の発症率を上げます。内服薬やインスリンを使う段階に至る前に、血糖値をコントロールしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク