糖尿病の種類B「妊娠糖尿病」

糖尿病の種類B「妊娠糖尿病」

糖尿病でも、女の人だけ、そして妊娠中の糖代謝異常があることはあまり知られていません。

 

妊娠中の定期検査でいきなり「血糖値が高いですね」と医師から言われて、突然の事に大きなショックを受ける妊婦さんも大勢いらっしゃいます。

 

妊娠糖尿病には、妊娠前から糖尿病の既歴を持っているケースと、妊娠中に限定してインスリンの反応が悪くなるケースの2パターンがあります。

 

今回は後者の健康な妊婦さんでも起こりうる「妊娠中に限定した糖尿病」についてお話しましょう。

 

なぜ妊娠中に糖尿病になるの?

 

妊娠すると、お腹の赤ちゃんを育てるためにお母さんの体の機能は外見的にも内面的にも大きく変化します。その変化の一つとして、妊娠中期になると胎盤から出るホルモンの増加により血糖値が上がりやすい体質になります。

 

そのような状態になると、通常ならばインスリンを多く分泌することで血中の血糖をコントロールします。ところが、そのインスリンの分泌がうまくいかずに、高血糖状態となってしまうのが妊娠糖尿病です。

 

妊娠糖尿病の検査と診断

 

妊娠糖尿病の検査には2段階あり、妊婦中期に受ける健診で随時時血糖値が100mg/dl以上であったり、尿検査の結果、尿糖が陽性だったなど、糖代謝の異常が疑われる場合、再検査として75gOGTTと呼ばれる検査を行ない最終的な診断が下されます。

 

75gOGTTってどんな検査?

 

ブドウ糖負荷検査ともいわれ、空腹時血糖を検査後、75gのブドウ糖の入っている飲み物を飲み、その後1時間後と2時間後の血糖値を測る検査です。そのためこの検査で一日3回の採血を行うことになります。

 

検査の前夜20時以降は絶食、水分も水か白湯だけで過ごします。また、検査に使う飲料水は透明の炭酸飲料で、オロナミンCに似た味がして飲みやすくなっています。

 

この検査の結果、@空腹時血糖値≧92mg/dl.A1時間値≧180mg/dl.B2時間値≧153mg/dlの1つ以上に当てはまる場合、妊娠糖尿病と診断されます。

 

妊娠糖尿病の治療方法は?

 

妊娠糖尿病の治療には食事療法が重点的に行われ、それでも血糖をコントロール出来ない場合にのみインスリン療法が行われます。

 

食事療法には、病院によっては食事法の正しいレクチャーを行うための教育入院を行うところもありますが、一般的には産婦人科から内科、糖尿病科に紹介され、医師や管理栄養士のもと、必要な一日摂取カロリーと、栄養バランスの指導、食事法の指導を受け、自宅で実践することになります。

 

妊娠糖尿病による影響

 

妊婦さんが高血糖状態だと、赤ちゃんも同じく高血糖になって様々なリスクの可能性が高まります。

 

お母さんには妊娠高血圧症候群、羊水量の異常。赤ちゃんには巨大児、出産時低血糖、そしてごくまれに先天性異常を生じるケースもあります。

 

ですが、それは、妊娠中高血糖状態を続けた場合のはなしで、妊娠糖尿病の診断によって、食事療法を中心とした治療で血糖コントロールができていれば、リスクは通常の妊婦さんと同じになります。

 

妊婦糖尿病は怖くない!

 

妊婦糖尿病は出産すると完治するのがほとんどです。

 

そして、妊婦糖尿病の妊婦さんはそうでない人よりも健康管理に注意を払っているので、母体や胎児にかえって問題が少なく、また産後もバランスの取れた食事を心がける傾向にありますから、産後のトラブルも少ないという話をよく聞きます。

 

ですから、もし妊娠糖尿病になっても怖がることはなにもありません。

 

医師や管理栄養士の力をかりて、食事療法を行うことで出産に向けより健康的な身体作りをおこなっていきましょう!

糖尿病の種類B「妊娠糖尿病」関連ページ

糖尿病の種類@「1型糖尿病」
糖尿病の種類@「1型糖尿病」について解説します。
糖尿病の種類A「2型糖尿病」
糖尿病の種類A「2型糖尿病」について解説します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク