毎日の食事で血糖をコントロールするレシピ集

毎日の食事で血糖コントロールE「アロエシャーベット」

アロエは昔から「医者いらず」ともいわれ、多くの健康に良いとされる成分を含む植物。観賞用としてご家庭で育てられている方も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんなアロエを使ったデザートでおいしく血糖を下げる方法をご紹介しましょう。

 

★アロエと血糖値の変動を実験。その結果は?

 

藤田保健衛生大学の別府秀彦医師らが行った、アロエが血糖値にどのような効果をもたらすのかの実験によると、キダチアロエの全葉(まるごと)と葉肉(ゼリー部分)とアロエベラの葉肉(ゼリー部分)を糖尿病のマウスに73日間摂取させたところ、キダチアロエを与えたマウスに明らかな血糖下降がみられたとの結果が出ました。

 

そして、キダチアロエの血糖値抑制効果の科学的な根拠を調査したところ、キダチアロエにはでんぷん質を糖質に変える働きを持っているアミラーゼの作用を抑制し、血液に吸収される糖の量を減らす働きがあることが判明。

 

さらに、キダチアロエの効果で血中への糖吸収がゆっくりになると、インスリンの分泌も抑えられて、すい臓への負担も軽減し、糖尿病を起こすリスクを低くさせる事もわかりました。

 

★キダチアロエの上手な摂り入れ方

 

キダチアロエの効果は葉肉のみではなく、全葉まるごとを食べるほうの効果が高いという実験結果から、アロエまるごとを摂取する事がおすすめです。

 

でも、そのままでは棘があり、硬くて食べられたものではありませんよね!そこでおすすめなのが「アロエシャーベット」です。

 

★アロエシャーベットの作り方

 

材料(3日分)
キダチアロエ・・・3本

 

作り方

 

@キダチアロエは柔らかい枝を選び、3本カット。そのあと水でよく洗う

 

A先っぽと棘の部分をカット

 

B縦に半分に切る

 

Cさらに縦に厚さ2〜3oの薄切りにする(縦長のシート状になります)

 

D皿にならべ冷凍庫で凍らせて出来上がり(一日5本程度を目安に毎食後食べるとよい)

 

★アロエシャーベットを応用したデザートレシピ

 

※スムージー

 

アロエシャーベットとお好みの果物をミキサーにかけスムージーにすると、ビタミン類や一緒に取れるので、忙しい朝にもピッタリです。

 

※アロエヨーグルトシャーベット

 

アロエシャーベットとヨーグルトをミキサーにかけ容器に移して凍らせます。

 

食後のデザートにいかがでしょうか?

 

動画でも説明したのでご覧ください

 

 

★まるごと食べて、アロエパワーを実感しよう!

 

現代は飽食の時代。コンビニやスーパーに行けば手軽に惣菜や弁当が手に入り、すぐに食べ物を食べられる時代です。

 

ですが現代人の健康に必要なのはアロエのような古くから親しまれてきた健康食品ではないでしょうか?

 

外食続きで血糖値が気になる方は、まるごとのアロエを食生活改善のひとつとして糖尿病の予防に役立ててみるのもよいでしょう。

 

毎日の食事で血糖コントロールE「アロエシャーベット」関連ページ

毎日の食事で血糖コントロール@「黒豆ごはん」
毎日の食事で血糖コントロール@「黒豆ごはん」について説明します。
毎日の食事で血糖コントロールA「しょうがキムチ」
毎日の食事で血糖コントロールA「しょうがキムチ」について説明します。
毎日の食事で血糖コントロールB「ごぼうスープ」
毎日の食事で血糖コントロールB「ごぼうスープ」について説明します。
毎日の食事で血糖コントロールC「黒ゴマおから」
毎日の食事で血糖コントロールC「黒ゴマおから」について説明します。
毎日の食事で血糖コントロールD「酢卵」
毎日の食事で血糖コントロールD「酢卵」について説明します。
毎日の食事で血糖コントロールF「小豆かぼちゃ」
毎日の食事で血糖コントロールF「小豆かぼちゃ」について説明します。
毎日の食事で血糖コントロールG「こんぶ納豆」
毎日の食事で血糖コントロールG「こんぶ納豆」について説明します。

ホーム RSS購読 サイトマップ