毎日の食事で血糖をコントロールするレシピ集

毎日の食事で血糖コントロールC「黒ゴマおから」

★毎日の食事に少しプラスするだけの簡単健康法「黒ゴマおから」

 

健康に良い食品は、体のためとはわかっていても毎日続けるのは大変。そう思われる方がほとんどでしょう。

 

でも毎日少しずつなら続けられるものです。そんな点で「黒ゴマおから」はそのまま食べても、ふりかけとしてごはんのお供に、コロッケのタネに混ぜたりと活用方法は様々。

 

そして、毎日少しの量で糖尿病などの生活習慣病を改善してくれるおいしくて栄養たっぷりの食品です。

 

★低カロリーで満腹感ありの黒ゴマおから

 

「黒ゴマ」は脂質とたんぱく質が主成分。その他食物繊維やビタミン類、ミネラルなどを含む栄養価の高い健康食品として知られています。

 

黒ゴマの脂質はリノール酸とよばれる不飽和脂肪酸。悪玉コレステロールを減らして高血圧や動脈硬化の改善にも効果を発揮します。

 

そして、黒ゴマの色素であるポリフェノールは「黒ゴマセサミン」ともよばれて抗酸化作用が高く、老化防止や免疫強化作用を持っています。

 

また、大豆からできている「おから」には良質なたんぱく質が豊富に含まれており、食物繊維も豊富。また、低カロリー食品としても有名です。

 

このふたつの健康食品の力をあわせ持つのが
「黒ゴマおから」なのです。

 

★糖尿病をはじめ、メタボリックシンドロームにも効果あり!

 

「黒ゴマおから」は糖尿病、高血圧、高脂血症などの危険因子でもあるメタボリックシンドロームにも効果的。メタボリックシンドロームの改善には栄養バランスのとれた食事と適切なカロリー管理が必要不可欠です。

 

でも、メタボリックシンドロームの方の多くが大食漢で、いざ食事制限をしようと思ってもいつもの癖でついつい満腹になるまで食べないと気が済まないといったことも。

 

ですから、メタボリックシンドロームの改善には食べたい気持ちを満足させ、なおかつ低カロリーの食品を選ぶことがコツです。

 

その点「黒ゴマおから」は低カロリーで食物繊維を含むので満腹感を得やすく、その上、消化吸収を穏やかにするので血糖値の急な上昇を防ぎます。また、セカンドミール効果で次に食べる食事の血糖値上昇も抑制する効果も持っています。

 

★「黒ゴマおから」を作ってみよう

 

※黒ゴマおからの作り方

 

材料

 

生おから・・・200g
黒ゴマ・・・大さじ4
しょうゆ・・・大さじ1.5
みりん・・・大さじ1.5
酢・・・小さじ1

 

作り方

 

@フライパンで黒ゴマを煎り皿にうつす

 

A黒ゴマをとりだしたフライパンを再び熱しておからをいれ、水分がとんでパラパラになるまで煎る(目安:中火3〜4分)

 

B Aにしょうゆ、みりん、酢を加えなじませ、黒ゴマを加える

 

食べ方:1日大さじ3杯を目安に摂取するのが効果的。冷蔵庫にいれ5日程度保存可能です。そのまま食べても、ふりかけにしても、ハンバーグやコロッケのネタに入れてもおいしくいただけます。

 

動画でも説明したのでご覧ください

 

毎日の食事で血糖コントロールC「黒ゴマおから」関連ページ

毎日の食事で血糖コントロール@「黒豆ごはん」
毎日の食事で血糖コントロール@「黒豆ごはん」について説明します。
毎日の食事で血糖コントロールA「しょうがキムチ」
毎日の食事で血糖コントロールA「しょうがキムチ」について説明します。
毎日の食事で血糖コントロールB「ごぼうスープ」
毎日の食事で血糖コントロールB「ごぼうスープ」について説明します。
毎日の食事で血糖コントロールD「酢卵」
毎日の食事で血糖コントロールD「酢卵」について説明します。
毎日の食事で血糖コントロールE「アロエシャーベット」
毎日の食事で血糖コントロールE「アロエシャーベット」について説明します。
毎日の食事で血糖コントロールF「小豆かぼちゃ」
毎日の食事で血糖コントロールF「小豆かぼちゃ」について説明します。
毎日の食事で血糖コントロールG「こんぶ納豆」
毎日の食事で血糖コントロールG「こんぶ納豆」について説明します。

ホーム RSS購読 サイトマップ