毎日の食事で血糖をコントロールするレシピ集

毎日の食事で血糖をコントロールするレシピ集記事一覧

毎日の食事で血糖コントロール@「黒豆ごはん」

黒豆は大豆の仲間で黒大豆やブドウ豆とも呼ばれています。栄養成分的にも大豆と同様の成分を持っていますが、その黒々とした外見からもわかるように、種皮にはポリフェノールの一種であるアントシアニンを多く含んでおり、健康効果の高い食品としてさまざまな健康食品に用いられています。★黒豆の健康効果とは?黒豆の黒い...

≫続きを読む

 

毎日の食事で血糖コントロールA「しょうがキムチ」

★キムチは健康食品日本で商品として販売されている漬物の中で、最も販売数が多いのがキムチです。それほど日本の食卓でもポピュラーな食品ですが、栄養的にも優れている万能食品でもあります。白菜をはじめとする野菜類、唐辛子とニンニクがふんだんに使われ、さらに発酵をさせることによって風味豊かで栄養価の高いキムチ...

≫続きを読む

 

毎日の食事で血糖コントロールB「ごぼうスープ」

ごぼうにはセルロースやリグニンとよばれる不溶性食物繊維が100g中に8.5gも含まれおり、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類も多く含まれています。そんな栄養価の高いごぼうですが、生のままではえぐみが強く、調理にも手間のかかる印象のある野菜でもありますよね。今回はごぼうの健康効果をたっぷりと摂るこ...

≫続きを読む

 

毎日の食事で血糖コントロールC「黒ゴマおから」

★毎日の食事に少しプラスするだけの簡単健康法「黒ゴマおから」健康に良い食品は、体のためとはわかっていても毎日続けるのは大変。そう思われる方がほとんどでしょう。でも毎日少しずつなら続けられるものです。そんな点で「黒ゴマおから」はそのまま食べても、ふりかけとしてごはんのお供に、コロッケのタネに混ぜたりと...

≫続きを読む

 

毎日の食事で血糖コントロールD「酢卵」

「酢卵」は日本ではあまり聞きなれない食材ですが、古代ギリシアの医者「ヒポクラテス」が治療薬として用いていたという記録が残されており、3000年も以前から伝わる薬の元祖とも呼べる食品です。日本に伝わったのは仏教伝来の6世紀半ば頃とされ、シルクロードから中国に伝わり日本でも薬の一種として普及しました。★...

≫続きを読む

 

毎日の食事で血糖コントロールE「アロエシャーベット」

アロエは昔から「医者いらず」ともいわれ、多くの健康に良いとされる成分を含む植物。観賞用としてご家庭で育てられている方も多いのではないでしょうか?今回はそんなアロエを使ったデザートでおいしく血糖を下げる方法をご紹介しましょう。★アロエと血糖値の変動を実験。その結果は?藤田保健衛生大学の別府秀彦医師らが...

≫続きを読む

 

毎日の食事で血糖コントロールF「小豆かぼちゃ」

日本人の体調に一番合う食事はやはり「和食」でしょう。先祖代々伝わる食文化には、私たち日本人の健康のヒントが隠されています。「食養」という考え方もその一つ「食養」とは、薬ではなく、食べ物本来の力を借りて病を癒すこととされています。ずっと昔の薬のない時代から現代にかけ、その効果は変わることなく私たちの健...

≫続きを読む

 

毎日の食事で血糖コントロールG「こんぶ納豆」

納豆には「ナットウキナーゼ」と呼べれる有効成分を豊富に含む日本の伝統食です。「ナットウキナーゼ」は酵素の一種で、動脈硬化の原因となる「血栓」を溶かし、また人体がすでに持っている血栓溶解酵素「プソウキナーゼ」を活性化させ、直接的にも間接的にも血栓を溶かしだす力をもつ唯一の成分なのです。納豆はその他にも...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ