血糖値や糖尿病に効くツボ

血糖値に効くツボA「曲地」(きょくち)

肩こりを感じたら、当たり前のように肩こりのする筋や筋を指で押していませんか?

 

これは、ツボ療法が私たちの生活にいつの間にか浸透しているという証拠。古来、東方医学ではツボを用いて様々な病気の治療を行ってきました。

 

それは糖尿病も例外ではありません。

 

★東方医学的にみた糖尿病

 

東方医学では、糖尿病と同じ症状の病気を「消渇(しょうかち)」といいます。

 

消渇(しょうかち)は、喉が乾いて、沢山水分を摂ってもその水が体の中から消えしまうという意味を持っており、腎機能障害、心臓血管不全、水分代謝中枢障害が原因となって起こる口渇と多尿を意味しています。

 

東方医学では、消渇(しょうかち)の治療で一番重要になる点を、「ドロドロになった血液を、サラサラに変えて血流を良くする」こととしています。この「ドロドロになった血液」のことを?血(おけつ)といい。多くの病気の根源なっていると考えられてきました。

 

糖尿病は中性脂肪・血小板が多く、高コレステロールの傾向が強いので、血流を良くする事で、?血(おけつ)を予防し、合併症が防げることが消渇(しょうかち)の治療法となります。

 

★手のツボを押して血行改善

 

糖尿病で血中のブドウ糖が多くなると、血の流れは徐々に悪くなっていきます。そうなると、血行不順に陥り肩コリがひどくなる、手足が冷える、足がつるなどの症状が出始めます。

 

そんな症状を予防するためにも、手の甲のツボ「曲池(きょくち)」を刺激し、血行を改善しましょう。

 

★血行改善に効果のある「曲地(きょくち)」

 

曲地(きょくち)の場所は…

 

肘を曲げるとできるシワの外側部分をいいます。肘をグッと曲げたときにできるシワの一番端っこのところを指で押さえて、一番気持ちいいと感じるところが曲地のツボです。

 

曲地(きょくち)の効果…

 

肩のコリのツボとして有名な曲地。全身の血液の流れをよく知る効果を持っているので、肩コリや首のコリの改善はもちろんのこと、手のしびれや冷え、免疫機能高める作用もあります。

 

また、大腸のツボとも繋がっていて、「逆気して泄するを主る」の言葉にあるように、大腸の働きを整える効果も持ち合わせているのです。

 

よく食べ、よく寝、よく出すは健康の基本。その点で、曲池は非常に重要なツボといえるでしょう。

 

曲地(きょくち)のツボ押しのコツ…

 

反対の手の指でツボを押さえながら、腕を曲げ伸ばしながら刺激してみましょう。

 

動画でも説明したのでご覧ください

 

 

★曲地(きょくち)を押して糖尿病の合併症を予防しよう!

 

糖尿病の治療には食事、運動、投薬の3つの治療が基本。

 

その治療にツボ治療をプラスすることで、糖尿病の悪化を防ぐことが出来ます。

 

とくに「曲地」はツボが解かりやすく、テレビ観賞をしながら、寝ながらでも気が向いた時にすぐにできる部位にあるので、是非今からでもお試しになってはいかがでしょうか。

血糖値に効くツボA「曲地」(きょくち)関連ページ

糖尿病に効くツボ〜手の指を刺激して糖尿病合併症を予防
糖尿病に効くツボ〜手の指を刺激して糖尿病合併症を予防について解説します。
糖尿病に効くツボ@「足三里」
糖尿病に効くツボ「足三里」について解説します。
糖尿病に効くツボA「足の甲にあるツボ」
糖尿病に効くツボA「足の甲にあるツボ」について解説します。
血糖値に効くツボ@「耳ツボ刺激」
血糖値に効くツボ「耳ツボ刺激」に効くツボについて解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ