血糖値を上げにくくする低GI食品

低GI食品で血糖値をコントロールしよう!記事一覧

血糖値をコントロールする「低GI食品」とは

最近、料理研究家や栄養士などの食品業界で話題を集める「低GI食品」をご存知ですか?血糖値のコントロールに最適なこの「低GI食品」。一般にはまだまだよく知る人は少ないことと思います。今回はそんな「低GI食品」について詳しくご紹介したいと思います。☆「GI値」の歴史そもそも「GI値」というのは、炭水化物...

≫続きを読む

 

低GI食品ってどんな食べ物?

※糖の吸収の速さを表すGI値ですが、いったいどんな食べ物が低GI食品と呼ばれるのでしょうか?GI値は、おもに血糖値の元となる糖質を多く含む炭水化物と砂糖などの調味料を原料にした食品に対する指数となります。そのため、他の栄養素の食品は糖質がない、もしくは少ないため、GI値は低い傾向となっています。炭水...

≫続きを読む

 

GI値活用法〜食べ合わせや調理法で血糖値上昇をコントロール

☆食事と共に牛乳や乳製品を摂る牛乳などの乳製品は、糖質の中でも分解、吸収が遅い「乳糖」を含み、血糖への影響も穏やかな低GI食品です。それだけでなく、乳製品はたんぱく質、脂質、炭水化物、カルシウム、ミネラルなどが含まれ、骨粗鬆症や肥満防止の予防、筋力アップなどにも効果のある万能食品です。また、血糖値に...

≫続きを読む

 

低GI食品活用法Q&A

1:毎日の食事に低GI食品だけを選んでを食べる必要がありますか?低GI食品の効果は、血糖値の上昇を緩やかにすることと、次の食事の血糖上昇を抑える事にあります。しかし、すべての食材を低GI食品に変える必要はなく、逆に低GI食品のみの食事は栄養バランスの悪い食事となってしまいます。低GI食品の活用法とし...

≫続きを読む

 

食事後の血糖値を下げてくれる「セカンドミール効果」とは?

セカンドミール効果という言葉をご存知ですか?セカンドミール効果とは、GI研究の第一人者であるトロント大学のジェンキンス博士によって1982年に発表されました。ジェンキンス博士の研究によると、最初に食べる食事(ファーストミール)と、次の食事(セカンドミール)の血糖値には関係性があり、ある食品を最初に食...

≫続きを読む

 

妊娠、授乳中の低GI食品活用法

妊娠、授乳中は通常よりも多くの栄養を必要とします。成人女性の平均的な一日の摂取カロリーは2000kcalですが、胎児が急速に成長する妊娠後期にはそれよりも500kcalまた、出産後の授乳期でも450kcal多くカロリーを摂取する事が望ましいとされています。これは、ご飯1膳のカロリーが240kcalで...

≫続きを読む

 

低GIおすすめレシピ

低GI食品を使って美味しく血糖値改善を行いましょう。今回はアジアンやスイーツまで幅広いレシピをご紹介いたします。ナシゴレンインディカ米は日本のお米と比べGI値52と低め。血糖値が気になる方には意外とお勧めの食品です。最近ではネットで簡単に手に入るので、一度お試しになってはいかがでしょうか?きっとその...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ