血糖値

血糖値とは?初めてご覧の方に向けてご挨拶

初心者でもわかる!現役ナースが教える血糖値講座

 

健康診断の結果用紙を受け取ると、見慣れない英文字や数値がいっぱい!その一つ一つの検査や数値の意味を知っている人はごく少数ではないでしょうか?

 

また、検査の中には名前だけは知っているけど、数値が高いことでどの様な支障があるのかは、医療関係者以外ではまず知らないといってもいいでしょう。

 

特に、血糖値は数値が高くても、自覚症状が全くないので、検査で初めて数値が高いことを自覚する事がほとんどで、身体に痛みを感じることもないために、万一数値が高くてもあまり気にしていない人も多いのではないでしょうか?

 

今回はその血糖値について詳しくご説明したいと思います。

 

血糖値とは?

 

血糖値とは、血液の中に含まれている糖分の量を示す値のことをいいます。血糖値はいつも一定の狭い範囲に維持されています。

 

食事を摂ると、摂取した食べ物は細かく消化されて、最終的にはブドウ糖という小さな単位になって、血液中を流れます。そして全身を巡って、それぞれの臓器の細胞に取り込まれます。

 

血糖値は食事を摂るたびに上がりますが、過剰にブドウ糖が存在する時には肝臓や筋肉の中でグリコーゲンという少し大きな単位にして、脂肪組織では脂肪として貯蔵しておきます。

 

空腹で血糖値が下がった時にこれらの貯金を崩してブドウ糖に分解し、血液中の血糖値を一定に保っているのです。

 

通常は、血糖が上昇すると膵臓からインスリンというホルモンが分泌されることで、ブドウ糖に分解されて細胞に取り込まれます。ですが、あまりにもたくさんのブドウ糖があると、インスリンの働きが追い付かなくなります。

 

インスリンは高血糖の状態では頑張って分泌をさかんにしますが、行き過ぎると膵臓が疲れてしまって、インスリンを分泌できなくなってしまうのです。これがインスリン分泌障害です。

 

また、インスリンは分泌されているものの、インスリンに対して抵抗性を示して効きにくくなることがあります。この状態では、細胞に糖分を取り込むために大量のインスリンを必要とします。これがインスリン抵抗性の亢進です。

 

インスリン分泌障害とインスリン抵抗性亢進が続くと、慢性的に高血糖の状態になり、糖尿病となるのです。

 

糖尿病になると、のどが渇いて水分を多く摂取するようになり、尿の回数や量が増えます。また、だるさや疲れが目立つようになったり、食欲はあるのにどんどん痩せてくるということがあります。これが進んでくると、様々な合併症を起こすことになります。

 

糖尿病で怖いのは合併症。主なものを挙げてみましょう。

 

・糖尿病性網膜症:失明に至ります。日本の失明原因の第一です。

 

・糖尿病性腎症:腎臓にある細かい血管が障害され、腎不全を起こします。尿を作ることができず、人口透析が必要になります。日本の透析導入原因の第一です。

 

・糖尿病性神経障害:神経が障害されるため、温度や痛みに気づきにくくなり、怪我ややけどをしても気づきません。

 

・虚血性心疾患・脳梗塞:血管がもろくなり、心筋梗塞・狭心症・脳梗塞を起こします。

 

・糖尿病性足病変:神経障害や抹消の血管がもろくなり、足の先が腐って壊死します。切断することもあります。

 

・糖尿病性昏睡:急激に高血糖になると意識障害を起こし、時には死に至ります。

 

糖尿病は全身の血管をダメにします。血管が損傷されたら、その細胞には血液が流れていきません。こういった症状を起さないためにも、普段から血糖値を正常に保てるように、健康管理に努めましょう。

 

会社の健康診断はとてもありがたいものですから、健診結果で高血糖を指摘されたらすぐに医療機関を受診しましょう。

 

また、今高血糖ではない方のためにも、当サイトでは、血糖値に対する様々な情報をみなさんにお届けします。

 

*当サイトのご利用にあたっての注意事項

 

血糖値NAVI(本ウェブサイト)をご利用の際は、以下の注意事項をよくお読みください。

 

血糖値NAVIは、現役で医療に携わる看護師が「1人でも多く健康に過ごして欲しい」と願い、記事を執筆しています。

 

?常に正確な内容、信頼性を保持に努め、内容の加筆、修正は、随時実行しておりますが内容を保証するものでは、ありません(免責事項等の詳細は、左のメニューに記載しています)。

 

血糖値や糖尿病等の病気に関しては、必ず、お近くの主治医等の専門家に相談して下さい。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク